閲覧履歴

お気に入り

無垢の床が心地よく、普段からみんなが裸足で生活している。同じ木材を使って施主が手作りしたテーブルやテレビ台も部屋の雰囲気にマッチ。

キッチンの横には、家族が連絡を取り合ったり思い出の写真を貼り付けることのできるマグネットボードを設置。こういった配慮に、家族の生活をリアルに考えた家かどうかが表れる。

今は一続きの大空間とした子ども部屋も、成長に合わせて将来的には壁を作って独立した2部屋にする予定。

玄関脇にあるランドセルラックも施主の手作り。用途とサイズを考え抜いた力作だ。

外観はガルバリウム特有のクールなイメージが出過ぎないように、ドアやテラスにあしらった木目で全体の印象をやわらげた。

この実例の施工会社

姫野組住宅センター

姫野組住宅センター

所在地: 徳島市南島田町2-72-2

営業時間:9:00-18:00

定休日:水曜

電話: 0120-939-043