閲覧履歴

お気に入り

囲われた2階のベランダにある大きな窓が開放的な空間を演出。床には、カバ桜の無垢板を、天井には杉板を使用している。杉はあえて削って凸凹をだし、デザイン性を高めるだけでなく、杉の持つ消臭や調湿などの機能も最大限に活かしている。

開放的なLDKのアクセントに陶器製のペンダント照明を。正面の閉鎖的な小窓と傾斜した天井が自然と視線を大きな窓の外に広がる空へと誘う。

2階ベランダには木製ルーバー。長く突き出した屋根が夏の日差しを遮る。分厚く見える屋根には排熱空気層と200ミリの断熱材を仕組み暑さを防いでいる。

この格子戸は、玄関と外を区切っている。

格子戸を開けたら現れるポーチ。正面にあるのは外収納のスペース。右側が郵便受兼宅配ボックス、左側の扉の向こうが玄関となる。

客間としての3帖和室、長さ2mの畳がゆとりを生む。

敷地40坪の住まいとは思えないほど、ゆったりとした空間が広がる「石井建築アトリエ」の北島町モデルハウス。地震の揺れを半分にする減震構造、屋根断熱、床断熱などの性能にもこだわっている。

この実例の施工会社

石井建築アトリエ

石井建築アトリエ

所在地: 徳島市応神町古川字鯛浜添19-4 リバーサイドハイツ1F

営業時間:9:00~17:00

定休日:日曜

電話: 088-698-9383