いよいよ工事スタート! 家づくりの流れが知りたい-先輩、教えて!vol.4-

現在、徳島県内で夢のマイホームを建築中のAさんご家族。先日のインタビューに続き、マイホーム購入のための住宅ローンを組んだ後の流れについて奥様に話をうかがいました。

(家づくりの始まりから住宅会社決定までの流れについてはこちら)

(徳島県内の住宅会社・工務店情報はこちら)

Q.次はいよいよ工事スタート?

私たちの場合、
もとは畑だった両親の土地に家を建てるので、
地鎮祭を行った後、整地をして、木やブロック塀などを壊しました。
 
それから
地盤調査、基礎着工へと進みました。
 
新築工事でよく聞く「上棟式(棟上げ式)」は、
私たちの家で採用した工法の場合は行わないそうなのですが、
 
いい日を選んで、
大工さん・住宅会社さんと簡単な食事会だけ行いました。
 
そのあとは
工事が順序良く進んでいく感じですね^^
 
屋根まで、家の外側が全部終わったら
配線、コンセントの位置など細かい部分を決めていきます。
たとえば洗濯物を干すパイプを天井につけるのかとか
照明の種類とか。
照明は埋め込むかつけるかでも違いますからね!

このあとの家づくりの流れは
こちらでチェック!

Q.住宅の工事が始まるまでに決めなければならないことは?

「大きさを決めないと図面が決まらない」というものに関しては
事前に決める必要があります。

 
造作なのか、既製品なのかでも変わってきますが、
お風呂(ユニットバス)や洗面、キッチンなどは決めないといけないもののひとつ。 

私たちは洗面・キッチンを造作にしたのですが、
その対面に棚を設置することもあり、工事前のタイミングで決めました。
 
このほか、
床材、壁材、天井材、玄関ドア、窓・シャッターなどは
見積もりにかかわってくるので、工事に入る前に決定
しました。
 
玄関ドアや窓・シャッターなどは、後でも変更できるようですが
事前に決めることで「だいたいこのくらいの価格でこの雰囲気のものができる」というのを把握できましたよ。

Aさんご家族はまだまだ家づくりの真っただ中。

家づくりの進行に合わせて、今後の流れも紹介していきます。

この記事の監修者

HOME STOCK編集部

所在地:

営業時間:

定休日:

電話:

URL:

特集記事一覧に戻る